紅と翠 あわいの夢

「小説家になろう」「ムーンライトノベルズ」「pixiv」「fujossy」で描いたり書いたりしてるひとの、つれづれ

紅渡翠 こんなトコで活動してます

ムーンライトノベル(BL小説) https://xmypage.syosetu.com/x8147q/

小説家になろう(ファンタジー) https://mypage.syosetu.com/739329/

pixiv(二次小説) https://www.pixiv.net/novel/cate_r18.php

fujossy(BL小説) https://fujossy.jp/users/060a3c4a1706280/mine

twitter https://twitter.com/n3X35

活動の報告

fujossy というサイトで上げてた『僕の好きなひと』が完結しました。

一話ごとを短く、読みやすいように、を心がけて改稿入れたたんですが、透の語りパートで難しい言い回しや言葉が出てくるのは、そういうキャラ付けなので、あえて変えていません。若干、淳哉の心理描写を増やしています。よろしければご覧下さい。

fujossy.jp

ムーンライトで連載中の『意地っ張りの片想い』も話は終盤に入っています。今月中に完結させるつもりですので、こちらもよろしくお願いします^^

https://novel18.syosetu.com/n0079dw/

web拍手お礼

ムーンライトノベルズで連載中の「意地っ張りの片想い」現在13部が完結し、幕間を経て近日中に14部を始めるところ。……なんと171話めになってました。

物語も終盤に入り、冒頭のシーンへ向かっています。

そして拍手をたくさんポチッとして頂いてます。ありがとうございます!

 

honolulu 様

そうなんです、淳哉最悪でしょ?

この約一年後に、淳哉は透に拒否されて色々考え直しますが、そこまで自意識を保つためにめっちゃ衝動で行動しちゃってるんです。

この時期の淳哉は最悪な精神状態なんですよ。実家で奴を取り込もうとする動きから逃げてる状態なんで、逃げるのが嫌いなやつとしては、代償行為として暴れん坊になってまして。

透に受け入れられて、やっと精神が安定するんですが、それまで面白がりが最高潮に発揮されてるんです。

……といってもやってることが最悪なのに変わりはありませんが、淳哉に関しては長い目で見てやっていただければ……(笑)

 

他にも淳哉最悪! 的なメッセージを頂いてます。

そりゃそうだ、なんですが、変な話、こいつがいるからこの二人って進展してるんですよね^^

必要悪というか、そういう位置づけのキャラなんです。

 

元々この話を書いていて、淳哉のキャラを掘り下げた結果できたのが「僕の好きなひと」であり、「不治の病」だったりします。

淳哉も幸せにしてやりたかったんです^^

 

「僕の好きなひと」は、改稿してこちらのサイトにも上げてます。

一話ごとを短くして、少し読みやすくしてみました。よろしければチェックしてみて頂ければ……

fujossy.jp

web拍手への御礼、そしてメッセージのお返事

いつも読んで下さる皆様、ありがとうございます!

そして拍手をポチッとして下さって、本当に嬉しく思っております。

拍手にちょっとメッセージを入れて下さる方もいらっしゃるので、ここでお返事したいと思います。

 

>たく 様

 ご指摘ありがとうございます! トン心赴任ってなんでしょうね?

 思わず吹いてしまいながら、誤字は修正入れました。

 推敲してからUPするようにはしてるんですが、ほぼ全て誤字やなんかがあり、いつも「あちゃー」とか思いながら修正入れてたりします(汗

 

 今後も気付いたところなど、ご指摘頂くとありがたいです。

 

>しらたま 様

 いつもメッセージ入れて頂いて、本当に嬉しいです。

 楽しんで下さっているのがとても伝わってます。本当に感謝です!

 昭和の方についても、ここでしたら語れるんじゃ無いかと思ってますので、もし良かったら、こちらにレス下されば……なんて図々しいことも考えてます^^

 コレからもよろしくお願いしますね!

 

他にも記名無しでメッセージ下さる方々、どれも嬉しく拝見しています。

やっぱり拓海が一番人気なんですが、丹生田が好きとひとことメッセージ下さる方も意外に多い……こんな明治生まれのおじいちゃんみたいな奴、いいですか? なんて、作者にあるまじき発言ですね~(笑)

もちろん、私は全てのキャラに愛を持ってますけど、なにげに橋田を書くのが楽しかったりしてます。

なんですが、メッセージを入れて下さったあとで、ひとことメッセージもポチッとして下さる方も多くて、最も多いのが「続きが気になる」だったりします。

それを見る度に、「おお! 待って下さる方がいる!」なんて単純にテンション上がって、面白くしないと、とか色々考えたりして、おかげで書くことがとっても楽しいです^^

 

こんなやつですが、これからもよろしくして頂きたいなと思いつつ……

『意地っ張りの片想い』連載開始から一年経ちました。

 連載開始したのが2017年3月11日。

 気づけば既に一年以上経っていました。途中で2ヶ月弱UP出来なかったこともありましたが、書き続けていられるのは、ひとえに読んで下さったり楽しみにして下さる方々のおかげです。本当にありがとうございます。

f:id:benitomidori:20180325212948p:plain

3月25日のアクセスです^^

 11部に入って、本日UPした140話では、分かりにくい気持ちのすれ違いが生じています。

 拓海クンが開き直ってサバサバしてしまっているので、健朗クンは気持ちが通じていると信じて疑わない状態になってるから、なのですけど。

 これから卒業して、また関係が変わっていく、という……そして冒頭の状態になり、ふたりの関係に結論が出ます。

 といいますか、実は最初、ココまで長くなる予定では無かったんです。大学時代を書いてたら「コイツのことも書いてやろうかな、あ、コイツのことも」なんて、どんどん楽しくなってしまって悪ノリしたというか。主人公カップル以外についての話がかなり多くなってしまったわけです。

 そしてたくさんの方に読んで頂いています。Web拍手やコメントも頂いていて、本当にありがたいです。

 このブログを開設した当初は、どういう風に使うか決めかねていたのですが、これからは拍手へのコメントなどに、このブログからお返事させて頂こうかと。

 なので、今後はもう少しマメに更新して行けそうかな、というところです。

  

意地っ張りの片想い 第十章完結しました。

十章は鬱展開だったせいか、今までに比べるとアクセスが伸びなかったんですが……なんて書いて今、思いました。

おこがましいですね。

ありがたいことに、連日300を超えるアクセスを頂いていました。前と比べて、なんて偉そうなコト言ってはいけないですよね(汗

ただ、以前は新たにUPしたら1000近いアクセスが来ていたので、それに比べれば少ないかなあ、なんて偉そうに思ってしまっていました。

反省しないと……。

 f:id:benitomidori:20180225115313p:plain

 

これからも楽しんで頂けるよう、書いていきたいと思います。

といってもおそらく、一番楽しんでいるのは私自身、なんですけど(笑)

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

あけましておめでとうございます。

旧年中は、大変お世話になりました。

「ムーンライトノベルズ」で昨年三月から連載している「意地っ張りの片想い」(先ほど119話をUPしました)を読んで下さった方々から、たくさんの拍手やメッセージを頂きました。

完結済みの小説を読んで下さる方や感想を下さる方もいて、本当に幸せ者だなあ、と感動しております。

 本当に本当に感謝しています。

 

そして十二月から、「小説家になろう」で「終焉の光」という異世界ものファンタジーを書き始めました。こちらはゆっくりペースで進めるつもりで、開始から一ヶ月たちましたが、今日、四話目をUPしたところだったりします。

 

私はサークルなど一切入っていなくて、一人で書いてます。

こういう奴は、けっこう孤独だったりします。もちろん家族はおりますし、会社で働く仲間もいます。

けれど、書く、という作業はごく個人的な趣味なので、その間は孤独というか、一人の世界に埋没してしまう。逆に埋没してないと書けないという部分もありますが。

書くことに没頭して、出勤時間を忘れ、アラームすら聞こえなくてちょっと遅刻してしまったこともあります……済みません!

 

こんな感じなので、書くことはあくまで自己満足だったりもしますが、一応は読んで下さる方に楽しんでいただけるものを! という目標を持って書いてたりするので、感想を頂いたり、拍手を頂いたり、といった、読んで下さる皆様のアクションが、とてもとても嬉しいのです。

それが例え批判的なものであっても嬉しい、というか。

ありがたいことに、本当にたくさんの方に読んで頂き、嬉しい反応を頂いて、孤独だった「書くこと」が、大きな歓びを伴う作業となりました。

 

本年も、ご期待に添えるようなものを書けるよう、頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。